インサイドセールスが注目されている理由とは

近年注目を集めている営業手法に、インサイドセールスがあります。そのように近年インサイドセールスが高い注目を集めている背景には、人手不足や働き方改革による業務効率化が強く求められる世の中の動きが強く影響していると言われています。そもそもインサイドセールスは、日本より遥かに国土の広い移動に多くの時間を要するアメリカ合衆国では1980年代から営業手法のひとつとして一般的でした。一方で、日本でその存在が注目されることはあまりありませんでした。

そのような国土が狭くその必要性があまり重視されていなかった日本においても、少子高齢化の進行や働き方改革の影響により、各企業がそもそも十分な人材を確保できないという課題を抱えることになりました。そして、その結果として営業担当者が一社一社あるいは一軒一軒顧客を訪問する従来の営業手法では十分な成果を得られません。つまり、それら課題解決の手段として限られた人数で営業成績を従来並にするべく営業の効率化を目的に「インサイドセールス」を導入する企業が増えつつあります。また、インターネットが普及した現代においては顧客が欲しい商品やサービスを自ら調べて比較するのが一般的です。

そのような顧客側の変化に対応するという観点からも、従来の営業手法よりインサイドセールスは適していると言われています。加えて、比較的安価で導入しやすいサブスクリプションサービスとの相性の良さもその普及の後押しをしています。インサイドセールスのことならこちら