インサイドセールスのメリットや特徴とは

近年話題となって注目されているインサイドセールスですが、人材不足の場合や、顧客がなかなか獲得できないといったケースでの解決策として活用されています。それではインサイドセールスとはどういった定義を指しているのかを確認してみましょう。インサイドセールスとは、相手側の企業などに訪問しないスタイルの内勤型営業の事を指すのが特徴です。従来の相手先を訪問する形の外勤型の営業スタイルはフィールドセールスと呼ばれており、対義的な意味合いを持っています。

この従来型のフィールドセールスの場合は、営業の担当者が顧客の選定から電話などのアプローチに加えて、アポイント獲得や受注などトータル的に行うのが一般的でした。しかしインサイドセールスはこうした営業においてのアプローチできる制限や、効率の悪さなどを解消できるスタイルとして注目されています。具体的な方法は電話やメールはもちろんの事、SNSの活用やウェブ会議システムの利用など、遠隔からでも顧客とコミュニケーションを取りながら営業できる事が特徴です。この方法は営業先に訪問する時間などが短縮できますので、アプローチできる数の増加が見込めますし、従来では難しかった双方向からの提案が可能となっています。

こうしたメリットは営業部門だけではなく、カスタマー部門やマーケティング部門にとっての効率化などのメリットにもなりますので、会社全体で取り組む価値も充分にあると言えそうです。