人間の心理を巧みに操るインサイドセールス

ネット通販でお買い物をされた方は、たくさんいらっしゃるでしょう。そのとき、何かを参考にして目的の商品を手に入れたという方も多いことと存じます。インターネットでネットサーフィンをしていると、いろんなところで広告が表示されます。特に動画サイトだとその傾向が強く、各ユーザーのcookieというものを参考にして、その方が興味を示しているものの広告を自動で表示できるわけです。

テレビゲームを好んでいたり、健康食品に関する検索をしているとその関連したアイテムを勧めてきます。これがインサイドセールスというマーケティングで、いまでは日本だけでなくアメリカや中国といった大きな市場でも活用されるようになりました。インサイドセールスは以前はテレビコマーシャルに限定して活用されていましたが、現在はインターネットへと舞台を移しています。人間の心理を巧みに操っているのがインサイドセールスの特徴で、あえて商品の魅力を詳しくは紹介しません。

ただし、購入者の声を強調しているのが特徴で、その効果を自分でも知りたいと思わせる狙いがあるわけです。インサイドセールスが使用されるアイテムは、化粧品・健康食品です。特に健康食品で利用されることが多く、テレビコマーシャルで一度は見かけたという方も少なくありません。インサイドセールスでは明言を避けられており、あえて個人差があるという文面も追加されます。

これは日本独自のルールといえます。