注目が集まるインサイドセールスの活用方法とは

オフィスにいながらにして営業活動をする事をインサイドセールスといいます。これは直訳すると内勤営業という言葉になりますが、その通りに電話やメールなどを使用して顧客にアプローチする事を指しています。また近年ではスカイプやズームといったツールを使用するケースも多くなっており、インサイドセールスにおいてインターネットの活用が役立っているのが特徴です。従来は営業活動を行う時には直接営業マンが顧客の元に訪れて、商品やサービスについて説明を行なって売り込む手法がほとんどでした。

電話やメール、さらにはインターネットの普及によって顧客と対面せずにコミュニケーションが取れるようになりましたので、遠方からでも営業ができるという新しいスタイルと言えるでしょう。インサイドセールスを導入する事によって顧客の情報管理がしやすくなった事もメリットとして挙げられます。例えば顧客がウェブ上でどんな行動をしているかの把握や、現在のステータスなどを知る事でどんな事に関心や興味を持っているかを適切に判断する事が可能になります。また自社サイトにアクセスしてくれた顧客のドメインをリスト化したり、フォームから入力された情報と紐付ける事によって効率の良い営業活動にも繋がります。

もちろんインサイドセールスは少ない人数でも営業を行える事が特徴です。これは売上の向上に繋がるだけではなく、人件費の削減といった観点からも注目される理由となっています。