インサイドセールスとは

インサイドセールスと言うのは、相手先を訪問することなく行う内勤型の営業のことです。なお、これに対して相手先を訪問した行う外勤型の営業のことは「フィールドセールス」と呼びます。もともと従来の営業手法では、マーケティングや営業の担当者が見込みのある顧客の選定から電話やメールでのアプローチ、さらには初回のアポイントの獲得や訪問、受注、その後のフォローまですべてを行うのが一般的でした。ただ、このやり方ではアプローチできる顧客の数に制限があります。

また、アポイントがとれた順にしか訪問できず、成約に至る角度の高い顧客に対する営業に集中することができないなどの課題が多くありました。そして、このような従来の営業手法が抱える課題を解決する手段として生み出された存在こそが、インサイドセールスです。その具体的な内容としては、電話やメール、SNS、ウェブ会議システムなどのさまざまなルールを使って遠隔地から顧客と非対面のコミュニケーションを営業を行う、というものです。なお、これまでのマーケティングや営業担当者が行っていた営業活動をどこまでインサイドセールスに切り替えるかは企業それぞれによって異なります。

また、その最適なバランスも業種によって当然違います。ただ、基本的に訪問する必要がある業務以外は基本的にそのすべてをインサイドセールスに置き換えることが可能です。そのため、その利用の幅は今後ますます広がっていくことでしょう。