インサイドセールスの強みとは

従来の営業方法としてスタンダードだったのは、顧客の方に出向いて仕事を獲得する、いわゆるフィールドセールスです。それに対してインサイドセールスでは、顧客を訪問することがありません。電話やメールなどを駆使しながら、実際に契約に繋がりそうな顧客を見定めたり、営業のコントロールをしたりするのが具体的な内容です。インサイドセールスでは移動自体必要ないので、顧客のところへ向かう時間そのものの節約が可能です。

その時間を他の営業にかけて、営業の数自体を増やしたり、より集中した営業をしたりすることができます。もちろん実際に顧客とやり取りをするためにはフィールドセールスが欠かせませんが、見境なく顧客の元へと出向いて営業をかけるのは非効率です。契約までに至れる例は少なく、時間とコストが無駄になってしまう恐れがあります。そこで、インサイドセールスを導入しておくと、契約できる可能性がより高い顧客に優先的にフィールドセールスをかけることで、契約できる確率を高められます。

つまり、インサイドセールスとフィールドセールスで負担を分担することで、より効率的な営業に繋げられるというわけです。さらに、顧客と直接やり取りをすることが少ないため、時間的な拘束も少なく済みます。したがって、能力さえあれば、ひとりで複数の顧客を担当することも不可能ではありません。そうすると少ない人員で営業を賄えるため、人件費が浮かせられるかもしれません。