インサイドセールスという営業手法

従来の営業の役割をさらに進化させたものとしてインサイドセールスという手法が注目されてきています。営業とひとくくりにまとめられていた業務をそこからさらに細分化して、インサイドセールスとフィールドセールスに分けます。営業プロセスにおいて初歩の段階では見込み顧客とすぐに成約できそうな顧客が混在した状態になりがちです。このような顧客混在状態の中から、すぐには成約に繋がらない見込み顧客や解約に繋がらないように関係を維持するといった役割をインサイドセールスという枠で括って集中的に取り組むのです。

営業のバックアップ的な部分を請け負うことでフィールドセールスではより契約締結に向けた動きに集中できるようになり、成約率も格段に向上させることができるのです。業務を外注化して効率アップをしていくことは、現在の変化スピードの速い社会状況においては不可避となっています。この観点からもインサイドセールスとして業務の平準化を行っておくと、その部分を外注化することができるようになるのです。膨大な見込み客にそれぞれの適性に応じたDM発送を外注することで、人件費の削減をしつつ成約率を向上させるといったことが可能になるのです。

インサイドセールス導入に当たっての注意点としてはフィールドセールスとの連携にあります。見込み顧客の中から有効な顧客を抽出してフィールドセールスに受け渡すことが業務効率最大のポイントとなるからです。この連携をいかにスムーズに整えるかに成否はかかってくるのです。