インサイドセールスの特徴とメリット

インサイドセールスマーケティングの1つの方法で、沢山の見込み顧客の中から成約する可能性が高い人に集中して営業を行っていく手法です。さらに見込みが少ない相手に対しても成約意識が高まる様に電話、メールなどのツールでコミュニケーションを取り育てていく取り組みと言えます。だから資料請求をした顧客に電話やメールでコンタクトを行って、会話をしながらニーズの度合いを測って優先順位付けを行うことがポイントです。優先順位を付けることにより、営業担当者の仕事の効率がアップ、成約率が上がるといったメリットがあります。

ただどんな優先順位をつけるかは営業担当者の基準次第なので、この判断が結果を大きく左右すると言えます。あとインサイドセールスは営業担当者が提案、クロージングといった業務に集中する為に商談獲得までの業務、受注後のフォローは部門の担当者が請け負います。その為にはインサイドセールスの担当者と顧客間のコミュニケーションの内容の情報を連携する事が必要です。それからインサイドセールスのメリットは、1日にアプローチできる数が多い点を挙げることが出来ます。

この方法ならまだニーズが顕在化してない見込み顧客に直接訪問しないでアプローチをしていきます。なので商談先に出向く為の移動時間が不要となるのが魅力です。他にも1人が同時に複数の見込み客に対応することで、少人数でも成果を上げることが可能です。また業務を効率化することで人手不足の解消に繋がります。