CRMとは何かについての説明

CRMとは、CustomerRelationshipManagementの略で、顧客管理という意味です。CRMとは顧客を中心に考えてビジネスを展開し、利益の最大化を目指す方法です。またCRMとは、現在ではITツールを意味する事もあります。ITシステムの発達で多くの顧客情報の蓄積や管理が可能となり、顧客情報の分析結果を可視化出来るようになりました。

CRMはどの様な機能があるのかというと、顧客管理と解析、問い合わせ管理、製品情報のメール配信、セミナーやイベントの集客といった機能があります。CRMを導入する事で、価値観の多様化した国内市場の変化に対応出来るようになりましたし、既存顧客を他社に取られる様な事案も少なくなりました。また自社のノウハウの蓄積や最適なマーケティングに効果を発揮するようにもなりました。CRMのメリットは、顧客情報を一元管理する事によりそれぞれの部署が連携して業務を行える事、顧客情報を社内で共有出来るため、営業やマーケティング部門だけでなく、複数の部署やスタッフで連携して迅速で効果的なアプローチが可能になる事です。

また顧客情報が可視化されるので顧客のニーズを把握する事が出来、最適なタイミングで提案が可能になる事や、マーケティング機能を使えばピンポイントで購買意欲の高い層へのアプローチが可能になります。CRMに蓄積された履歴から顧客の動向を分析して、プロセスの改善につながるPDCAサイクルが実行出来るのです。CRMとはのことならこちら