CRMとは何かについて

CRMとは、CustomerRelationshipManagementの略で、顧客関係管理のことを意味します。顧客を中心に考えてビジネスを展開し、利益の最大化を目指すマネジメントの手法のことです。CRMの目的は、顧客の情報を一元管理することで、顧客と密接でより良い関係を構築して、顧客の満足度を上げることです。その結果、商品やサービスの購買に結びつくことが予測されて、売り上げのアップにつながるとされています。

多くの成功している企業が顧客の実態を正確で効率的に知る必要性を感じて、CRMを導入しています。CRMとは、基本機能に顧客データベースの管理、顧客へアプローチするプロモーション機能、作業を効率化させるレポート機能があります。CRMとは、代表的な3つのメリットが挙げられます。営業担当者だけが管理している顧客情報は場合によっては管理が不十分であったり、フォローアップが適切でなかったりします。

しかし、CRMでは一元管理することによって、情報が可視化されて、適切なフローアップができます。また、顧客情報を社内で共有することはできるので、営業やマーケティング部門だけではなく、複数の部署やスタッフと連携して、迅速に対応することが可能です。そのほか、蓄積された過去の履歴から、顧客の動向や効果を分析してプロセスの改善につなげることができることもメリットです。CRMを導入する際は、使いやすさや見やすさ、必要な機能が揃っているかなどを比較検討しながら、自分たち企業にとって最適なものを選定することをお勧めします。