CRMとはどのようなシステムか

CRMとは顧客管理システムと呼ばれる類の者で、膨大な顧客情報を一元管理したり顧客と関係性をより良い状態に保伝えにすることができるものです。大きく「顧客情報管理」「顧客分析」「戦略立案」「アプローチ」に分類され、それぞれを活用することで、顧客との接触頻度の拡大や優良顧客と呼ばれる購入する可能性の高いユーザーを抽出できるなど様々なサポートが用意されています。CRMとはSFAやMAなどとよく語られますが、SFAは営業活動を支援するのに対しCRMは顧客との関係構築を支援するためターゲットが明確に違います。次にMAはマーケティングオートメーションシステムのことで、マーケティング活動をITやAIを用いて支援するシステムのことです。

広告配信個所を設定した通りに自動的に配信することでマーケティングの工数が大きく縮減し効率化が図れます。これは利用する新規ユーザーを獲得することを主な目的にしています。顧客に合わせてアプローチすることは多様な人材に対して一つ一つきめ細かく対応する必要がありますが、そのようなことを人が行うと膨大な工数がかかってしまいます。CRMとはこのような業務をITを活用し効率化を図ることで、各顧客に合わせたきめ細かなサポートをすることができるのです。

例えばAユーザーが利用するキャンペーン内容と、Bユーザーが利用するキャンペーン内容をニーズに合わせて変えることでどちらにも満足度をあげることも可能なのです。