CRMとはどんなことですか

CRMとはCustomerRelationshipManagementの略語で顧客管理などと訳され、具体的には顧客を中心にビジネス展開をして、最大限の利益を目指すマネジメントのことを言います。これが提唱されるようになったのは価値観が多様化し、市場も細分化されている現代において、顧客のことを正確に理解して最適な戦略をしていこうとすることからです。簡単に言えばCRMとは顧客と良好な関係を築き上げることが狙いのマネジメントです。CRMとはマネジメント手法をさしていますが、今はITツールを指すことが多くなりITの発達で顧客情報を管理したり、またその分析結果を可視化できます。

またCRMの登場によって各々の客に対して最適な営業を行うことが可能になり、無駄な労力や時間を削減できるようになったことでこれを採用する企業が増えたのです。CRMの機能として顧客管理、顧客解析、問い合わせ管理、メール配信、セミナーやイベントの集客などですが、これが必要になったのは国内市場が変化して価値観が多様化してきたことで、市場がどんな商品をどんな対象者に、なぜその商品が欲しがっているのか消費者のニーズを的確に把握する必要があるからです。昨今はコロナ渦の影響もあってインサイドセールスの業務が増えて、それにもCRMが応用可能です。CRMはメリットが多い反面、客のデータの構築に時間がかかりすぎたり、実行しても効果がすぐにはでにくいなどのデメリットもあります。